神学大全第一部第十三問題第九項
前のページ

第九項

[二八八五九]第一部第十三問題第九項第一異論

第九のものについては次のように進められる。 「神」というこの名前は共通であり得ると思われる。

なぜなら、 名前によって表示される事物が共通しているいかなるものも、 名前それ自体もまた共通しているからである。 ところで、すでに述べられたように、 「神」というこの名前は神的な本性を表示しているのであり、 『ペトロの手紙二』第一章にある、 「彼は偉大で貴重な約束を私たちに与えましたが、それは、 このことによって私たちが神的な本性を分かち合う者となるためです」という言葉のとおり、 その神的な本性は、他のものと共通であり得る。 したがって、「神」というこの名前は共通であり得る。

[二八八六〇]第一部第十三問題第九項第二異論

さらに、共通ではあり得ないものは固有名詞のみである。 ところで、「神」というこの名前は、 固有名詞ではなく普通名詞である。 このことは、『詩編』第八十一編にある、「私は言った。 『あなたたちは神々である』と」という言葉が示しているように、 それが複数形を持つということから明らかである。 したがって、「神」というこの名前は共通であり得る。

[二八八六一]第一部第十三問題第九項第三異論

さらに、すでに述べられたように、「神」というこの名前は、 働きにもとづいて付与されている。 ところで、たとえば「善なる者」や「知者」等々のような、 働きにもとづいて、 あるいは結果にもとづいて神に付与された他の名前は、 共通であり得る。 したがって、「神」というこの名前も、共通であり得る。

[二八八六二]第一部第十三問題第九項反対異論

工事中。
神学大全第一部第十三問題第九項
前のページ