神学大全第一部第十三問題第八項
前のページ

第八項

[二八八五三]第一部第十三問題第八項第一異論

第八のものについては次のように進められる。 「神」というこの名前は、本性の名前ではないと思われる。

なぜなら、 ダマスケヌスは著書の第一巻の中で次のように述べているからである。 「『神』は『テエイン』に由来する」のであるが、これは、 走るということ、そして万象を慈しむということである。 「あるいは、『アエテイン』、 すなわち燃やすということに由来する(なぜなら、神は、 いかなる悪徳をも消滅させる我々の火であるからである)。 あるいは、『テアスタイ』に由来する」のであるが、 これは、すべての事物を考察するということである。 ところで、これらのすべての名前は、働きに属している。 したがって、「神」というこの名前は、 働きを表示しているのであって、本性を表示しているのではない。

[二八八五四]第一部第十三問題第八項第二異論

さらに、事物は、それが認識される限りにおいて、 それに応じて我々によって命名される。 ところで、神的な本性は、我々には知られていない。 したがって、「神」というこの名前は、 神的な本性を表示していない。

[二八八五五]第一部第十三問題第八項反対異論

工事中。
神学大全第一部第十三問題第八項
前のページ