神学大全第一部第十三問題第七項
前のページ

第七項

[二八八三九]第一部第十三問題第七項第一異論

第七のものについては次のように進められる。 被造物に対する関係を含意する名前は、 神について時間的な意味で述べられるのではないと思われる。

なぜなら、共通して述べられているように、 すべてのこの種の名前は神的な実体を表示しているからである。 だからこそ、アンブロシウスも、この「主」という名前は、 神的な実体である権能の名前であり、「創造者」は、 神の本質である彼の働きを表示している、と述べているのである。 ところで、神的な実体は、時間的ではなく永遠である。 したがって、この種の名前は、神について、 時間的な意味で述べられているのではなく、 永遠という観点から述べられている。

[二八八四〇]第一部第十三問題第七項第二異論

さらに、時間的な意味で何かに適合するものは、 それが何であろうと、「なった」と述べられることができる。 たとえば、時間的な意味で白いものは、 「白くなる」と述べられることができる。 ところが、「なった」ということは、神には適合しない。 したがって、神については、 いかなるものも時間的な意味で述語とされることはない。

[二八八四一]第一部第十三問題第七項第三異論

さらに、もしも何らかの名前が、 それらが被造物に対する関係を含意しているということを理由として、 神について時間的な意味で述べられているのであるならば、 被造物に対する関係を含意するすべての名前について、 同じ推論が成り立つと思われる。 ところが、被造物に対する関係を含意している一部の名前は、 神について永遠という観点から述べられている。 たとえば、 「私は不断の愛をもってあなたを愛した」という『エレミヤ書』第三十一章の言葉によれば、 彼は、永遠という観点から被造物を知り、そして愛したのである。 したがって、「主」や「創造者」のような、 被造物に対する関係を含意している他の名前も、 神について永遠という観点から述べられている。

[二八八四二]第一部第十三問題第七項第四異論

さらに、この種の名前は関係を表示している。 したがって、その関係は、神における何かであるか、 あるいは被造物のみにおける何かであるかのいずれかでなければならない。 ところが、その関係が被造物のみにおいて存在するということは、 あり得ない。 なぜなら、もしもそうであったならば、 被造物において存在する対立する関係によって神が「主」と命名されたことになるが、 しかし、いかなるものも、 自身と対立するものによって命名されることはないからである。 したがって、その関係は、 神における何かでもあるということにならざるを得ない。 ところで、神においては、 いかなるものも時間的な意味で存在することはできない。 なぜなら、彼は時間を越えて存在しているからである。 したがって、この種の名前は、 神について時間的な意味で述べられているのではないと思われる。

[二八八四三]第一部第十三問題第七項第五異論

さらに、何かが関係的に述べられるのは、 関係にもとづいてのことである。 たとえば、 「君主」と述べられるのは統治権にもとづいてのことであり、 それは、 「白い」と述べられるのが白さにもとづいてのことであるのと同様のことである。 したがって、もしも、 統治権という関係が神のうちに実在的には存在せず、 概念的にのみ存在するのであるならば、 神は実在的には君主ではないということが帰結するが、 これが偽であるということは明らかである。

[二八八四四]第一部第十三問題第七項第六異論

さらに、 本性において同時に存在しているのではない関係的なものにおいては、 一方は、他方が存在しないとしても存在することができる。 たとえば、『カテゴリー論』の中で述べられているように、 知られ得るものは、知識が存在しないとしても存在する。 ところで、神と被造物について述べられる関係的なものは、 本性において同時に存在しているのではない。 したがって、何らかのものは、たとえ被造物が存在しないとしても、 神について、被造物に対して関係的に述べられることができる。 したがって、「主」や「創造者」のようなこの種の名前は、 神について、永遠という観点から述べられているのであり、 時間的な意味で述べられているのではない。

[二八八四五]第一部第十三問題第七項反対異論

しかし反対に、アウグスティヌスは『三位一体論』第五巻で、 「主」というこの関係的な呼称は、 時間的な意味で神に適合すると述べている。

[二八八四六]第一部第十三問題第七項主文

私は答えて言わなければならない。 被造物に対する関係を含意する一部の名前は、神について、 時間的な意味で述べられているのであり、 永遠という観点から述べられているのではない。

このことを明確にするためには、 次のことが知られなければならない。 すなわち、一部の人々は、 関係は実在の事物ではなく単に概念の事物にすぎないと主張したということである。 無論、この主張は、 事物それ自体が実在的な秩序と関係を相互に持っているということから、 偽であるということが明らかである。

それにもかかわらず、次のことが知られなければならない。 すなわち、関係は二つの項を必要とするのであるから、 それが実在の事物であるか概念の事物であるかということについて、 三通りの場合があることを示すことができる。

すなわち、時として、 関係がいずれの側からも単に概念の事物である場合がある。 それはすなわち、単に理性の把握によるものである場合を除いて、 秩序や関係が何らかのものの間に存在することができない場合である。 たとえば、 「ものはそのもの自身と同一である」と我々が言う場合がそれである。 なぜなら、理性は、 何らかの一つのものを二度にわたって把握することによって、 そのものを二つのものとして立て、そしてこの方法によって、 そのものがそのもの自身に対して持つ一種の関係を把握するからである。 このことは、 存在者と非存在者との間に存在するすべての関係についても同様であり、 理性は、何らかの項として非存在者を把握する限りにおいて、 それらの関係を形成する。 そしてこのことは、たとえば類と種との関係等々のような、 理性の作用に付随するすべての関係についても同じである。

工事中。
神学大全第一部第十三問題第七項
前のページ