神学大全第一部第十三問題第六項
前のページ

第六項

[二八八三一]第一部第十三問題第六項第一異論

第六のものについては次のように進められる。 名前は、神についてよりも被造物についてのほうが、 より先の意味で述べられると思われる。

なぜなら、哲学者によれば、 名前は知性認識の記号なのであるから、 我々が何かを認識する限りにおいて、 我々はそれに応じてその何かに命名するのであるからである。 ところで、我々は、神よりも被造物のほうをより先に認識する。 したがって、我々によって付与される名前は、 神よりも被造物のほうに、より先の意味で適合する。

[二八八三二]第一部第十三問題第六項第二異論

さらに、 ディオニュシオスが『神名論』の中で述べているところによれば、 我々は、被造物にもとづいて神に命名する。 ところで、たとえば「獅子」や「岩」等々のように、 被造物から神へ転用された名前は、 神についてよりも被造物についてのほうが、 より先の意味で述べられている。 したがって、 神についても被造物についても述べられるすべての名前は、 神についてよりも被造物についてのほうが、 より先の意味で述べられる。

[二八八三三]第一部第十三問題第六項第三異論

さらに、 神についても被造物についても共通に述べられるすべての名前は、 ディオニュシオスが述べているように、 万物の原因としての神について述べられている。 ところで、 それが原因であるという理由で何かについて述べられるものは、 それについて、よりあとの意味で述べられている。 たとえば、健康の原因である薬よりも動物のほうが、 より先の意味で「健康なもの」と述べられる。 したがって、この種の名前は、 神についてよりも被造物についてのほうが、 より先の意味で述べられる。

[二八八三四]第一部第十三問題第六項反対異論

工事中。
神学大全第一部第十三問題第六項
前のページ