神学大全第一部第十三問題第五項
前のページ

第五項

[二八八二一]第一部第十三問題第五項第一異論

第五のものについては次のように進められる。 神についても被造物についても述べられるものは、 それらについて同義的に述べられるのであると思われる。

なぜなら、多が一に還元されるのと同様に、 いかなる異義的なものも同義的なものに還元されるからである。 たとえば、「犬」という名前は、 吠えるものと海のものについて異義的に述べられるとしても、 何かについては、すなわち吠えるものについては、 同義的に述べられるのでなければならない。 なぜなら、そうでなければ、 無限に進むことになるであろうからである。 ところで、 それらが名前と定義においてそれらの結果に一致するところの、 何らかの同義的な作用者が見出される。 たとえば、人間が人間を生むという場合がそうである。 それに対して、何らかの異義的な作用者も見出される。 たとえば、 異義的ではないならば太陽が熱いということにはならないにもかかわらず、 太陽が熱いものを生み出すという場合がそうである。 したがって、 すべての作用者がそれに還元されるところの第一の作用者は、 同義的な作用者であると思われる。 したがって、神についても被造物についても述べられるものは、 同義的に述語とされているのである。

[二八八二二]第一部第十三問題第五項第二異論

工事中。
神学大全第一部第十三問題第五項
前のページ