神学大全第一部第十二問題第十三項
前のページ

第十三項

[二八七八〇]第一部第十二問題第十三項第一異論

第十三のものについては次のように進められる。 自然理性によって得られるものよりもより高次の神の認識が恩寵によって得られるということはないと思われる。

なぜなら、ディオニュシオスは『神秘神学』の中で、 この世の生において神によりよく結合されている者は、 いかなる意味においても知られていない者としての彼に結合されているのである、 と述べているからである。 彼はモーセについても、 その人は恩寵による認識において一種の卓越性を獲得したと述べている。 ところで、神について、 彼が何であるかを知らないままで彼に結合されることは、 自然理性によっても起こることである。 したがって、神は、自然理性によるよりも、 恩寵によってより十分に我々に認識されるというわけではない。

[二八七八一]第一部第十二問題第十三項第二異論

さらに、我々は、表象像を通じてではないならば、 自然理性によって神的なものの認識に到達するということはできず、 このことは恩寵による認識についても同様である。 なぜなら、ディオニュシオスは『天上位階論』第一章で、 「神的な光線が我々を照らすことは、 それが色彩豊かな聖なる覆いに包まれているのではないならば、 それ以外の方法では不可能である」と述べているからである。

工事中。
神学大全第一部第十二問題第十三項
前のページ