神学大全第一部第八問題序言
前のページ次のページ

序言

[二八五二八]第一部第八問題序言

無限であるものには、到る所に存在するということ、 そして万物の中に存在するということが適合すると思われるから、 このことが神に適合するか否かということが 考察されなければならない。 そしてこれをめぐっては、四つのことがらが問われる。

第一に、神はすべての事物の中に存在するか。

第二に、神は到る所に存在するか。

第三に、神が到る所に存在するのは、 本質と能力と現前によってであるか。

第四に、 到る所に存在するということは神に固有のことであるか。

神学大全第一部第八問題序言
前のページ次のページ