神学大全第一部第五問題序言
前のページ次のページ

序言

[二八四〇八]第一部第五問題序言

次に、善について問われる。 第一に、一般的な意味での善について。 第二に、神の善性について。

第一のものをめぐっては、六つのことがらが問われる。

第一に、善と存在者とは実在的に同一であるか。

第二に、概念的にのみ異なると仮定した場合、 善と存在者のどちらが概念的に先行するか。

第三に、存在者が先行すると仮定した場合、 いかなる存在者も善であるか。

第四に、善の性質はいかなる原因に還元されるか。

第五に、善の性質は様態と種と秩序のうちに成り立つか。

第六に、善は、有徳なもの、有用なもの、快適なものに、 どのように区分されるか。

神学大全第一部第五問題序言
前のページ次のページ